【急募】キャンペーン広告を紹介して下さるパートナーさん募集しています!


人気ブログランキング

あなたは「アフィリエイト」をご存知ですか?

昨今「働き方改革」や、「年金2000万円問題」などで、
本業がある人でも副業を考える時代になって来ているので、

多分ご存知だとは思いますが、

「アフィリエイト」に限らず、
何をしていいのか模索されている人も少なからずおられると思います。

それは今までと時代が変わったので、
政府の発表を聞いても、
急に生活を変える事が出来ないのが実情だと思います。

そんな中一攫千金を夢見て何も解らずに、
上手い文言に引っかかってしまい、借金地獄に陥り、
自己破産をする羽目になった人も沢山弁護士事務所に相談されています。

勿論目先の欲に走って騙される人の気持もよく解ります。

しかしそんな人の心理をうまくついて稼ぐ輩も多くいるのです。

そんな人達にとっては、ビジネスチャンスなんですね。

私も1000万円程騙されました。

私だけでなく、大金を注ぎ込んで借金地獄に陥った人は、
本当に沢山います。

それは最初に騙されたと気づき、
無くなったお金を取り戻そうと焦り、
その挙げ句又同じような文言につい希望を持ち、

今度こそは!と思い、借金をしてまで夢を託すのです。

ところがそうは問屋が卸しません。
手を変え品を変えて違う文言で誘って来るのです。

それは人間の心理を利用して、
人の心を自由に操れるコピーライティングを使っているからです。

痛みがある時にモルヒネでもチラつかせられたら手を出してしまう。
そんな感じです。

痛みに耐えられないのです。

少し違う例えになりましたが、
人間という者はそれだけ弱いという事です。

だから生きるか死ぬかという悩みを抱えている瀬戸際の人や、
崖っぷちの人を救いたい!

そういう思いで、

今回私と同じような目にあって、
どうしていいか解らない人達と一緒に人生大逆転を狙って、

ビジネスパートナーを募集する事に決めました。

それが新システムの「アフィリエイト」です。

「アフィリエイト」というのは企業の商品やキャンペーンなどを広く多くの人に知って貰うように宣伝をする事ですが、

いわば広告代理店のような、解り易くいうと、
テレビでコマーシャルをしている芸能人のようなものです。

芸能人と同じような事をして紹介料を貰う。

そう言う事が今の時代は私達個人でも出来るのです。

それは一重にインターネットがもたらした産物ですね。

インターネットを使い、
スマホでいつでもどこでもビジネスが出来る時代です。

そこには矢張り落とし穴があるんですが、
いつの時代もそれを悪用する人が出現します。

ではどうすればいいの?って事なんですが、
一歩先行く人の真似をすれば大丈夫です。

絶対に避けたいのは、何も知らない人が、
何も知らない人に聞いてしまう事です。

聞くのは知っている人に聞くべきです。

何故何も知らない人に聞くのかというと、
それは一番身近で、自分の事を心配してくれるからです。

例えば親、兄弟、友達などです。

しかし。その人達はあなたの事を心配はしてくれますが、
あなたがしようとしている事は全く知らないんです。

では聞かれたらどう答えるか?
自分が知らないから、怪しいと思い、自分の感想を言います。

辞めておいた方がいいよ。と・・・
何を根拠に(^_^;)

只自分が知らないからそう思うんです。

悪気がないから余計に質が悪いです。

それでその言葉を信じて辞めてしまう。
それが機会損失に繋がるんです。

おまけに反対した本人は代替の稼げる案件を提示する事もしません。

何も知らないんですから、仕様がありません(笑)

それなのに口だけは出して来る・・・

その人達の事を「ドリームキラー」と呼びます。

 

 

 

折角のあなたの人生逆転劇を無きものにして後は知らん顔です。

そんな人達の言葉を聞いて自分の夢、目的を諦めてしまっては後悔してもしきれません。

だから私は自分が信じた道を進もうと思います。

それが失敗かも知れません。

でも挑戦しなければ失敗か、どうかも解りません。
失敗ならやり直して、軌道修正しながらでも進めばいい。

 

諦めたらそこで終了です。

そう思い、何が何でも諦めないと強く決めて辿り着いたのが今回の新アフィリエイトです。

何が新しいのかと言うと、従来のというか、今でもですが、
アフィリエイトをするにはASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)
という俗にアフィリエイトサービスプロバイダーとも言われますが。

そこへ登録をします。
登録をしてから紹介する案件を提供して貰い、
自分の媒体で拡散します。

自分が拡散した人が商品なりを購入したりして成約すれば、
紹介料がアフィリエイト報酬という形で支払われます。

ASPという用語自体は1998年頃から使われていましたが、
一般には知れ渡っていませんでした。

その必要が無かったというのもありますが、
1995年頃からWindowsが一般人に知られ始め、

徐々に広く知れ渡るようになります。
しかし、そのスピードは光陰矢の如しです。

 

 

戦後の1945年から2019年の現在まで74年しか経っていません。

それなのに当時から今へワープしてみたら、
その生活様式は異星へ来たように感じると思います。

浦島太郎も真っ青です。

 

なんせ何も無かったのですから。
それが今は物が溢れかえっているのです。と、

横道へそれましたが、そんな話はどうでもよくて、
そのASPの形態がどのように新しくなったかと云いますと、

従来は自分が折角拡散して集めた顧客情報、
(これをリストといいます)を企業は紹介料を支払うだけで、
自分の物にしていました。

アフィリエイター自身もその事に何の疑問も持っていませんでした。

ところが、今回募集しているASPの設立者が、
それは可笑しいだろうという事で独自のシステムを考案し、現在に至ります。

それは折角集めたリストを一度切りの報酬で終わりではなく、
アフィリエイターに紐づけて、
ずっとアフィリエイターの利益に繋がる仕組みを構築されたのです。

アフィリエイターからの成約者が、
更に自分も同じようにアフィリエイターとなってアフィリ活動をして成約すれば、

元のアフィリエイターにも収入が発生する仕組みです。

これは画期的です!

だから2019年の3月に設立されたにも関わらず、
現時点(9/22)で1496人という驚異的な広がりを見せています。

これは設立者の思いに賛同したアフィリエイターが、
如何に多いかという事ですね。

私も同じく今まで折角苦労して集めたリストが、
私の手元に残らず報酬もそれきりという事に今更ですが、
何で気づかなかったんだろうという思いが募ってきます。

しかしそんな事を言っても愚痴でしかありません。

その時は有難かったのですから。
これからはこのASPでお世話になって、

ずっとアフィリエイト報酬が入ってくるように取り組んでいきたいと思います。

ずっとアフィリエイト報酬が入ってくるという事は不労収入です!

hurou.png

 

 

私が仕事をしなくても、遊んでいても、
寝ていても勝手にお金がチャリン・チャリンと入って来るのです。

朝起きて通帳を確認するのが唯一の仕事になりますね。

勿論それさえ放置で構いませんが(笑)

一度の報酬ではなく、ずっと続く不労収入!

魅力だと思いませんか!?

好きな事が出来ますよ♬

諦めていた夢も叶えられそうです。
子供にも我慢をさせなくて済みます。

値段を気にせず美味しい物をお腹いっぱい食べられます。

買い物だって今までは値札を確認してから、
その中から商品を選んでいました。

先に気に入った商品の値段を見て、
買えない時の寂しい気持ちは味わいたくないですからね。

それが値札を見ずに気に入った商品を買う事が出来る!

そう思うとワクワクしませんか?

ですが私一人ではそんな夢みたいな事は叶いません。
そうです、
私と共にアフィリ活動をして下さるパートナーがいないと成立しないんです。

ASPで紹介する取扱い商品の事をキャンペーン広告といい、
それを紹介して下さるアフィリエイターの事をパートナーという。

そのASPはWeb Aboutアフィリエイトセンターといいます。

共にWIN&WINで稼いでいけたらとっても嬉しいです♬

この記事を見たあなたには、
まだ広く知られていないBIGチャンスをGETして欲しいと思います。

ご縁を大切にこちらから⬇登録して下さいね。

登録した後は、たったの一記事書くだけで、
後は放置で構いまえん。

あなたが仲間になって下さるのを心から願っています。

 

http://w02.jp/l/c/ISTkDUU9/tgToSFRe/

夢を諦めないで!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください