生き残れるのは賢い人ではありません、時代の変化に対応出来る人だけです。

大昔、人類が猿だった頃、

他の獣と戦って火を使うようになり

他の動物を支配するようになったのですね。

もしも他の動物が先に火を使っていたら、

今は逆の立場になっていたかも知れませんね。

そう思うとよくぞ考えて勝ってくれたと思います。

自分達の行動が後々の子孫にまで大きく影響している証です。

 

第一次農業革命

その昔人々は畑を耕し、自給自足で生活をしていました。

しかし、雨の日も風の強い日も、

体調が悪い日も関係なく仕事が待っています。

そこで、人々は考えました。

もっと簡単に仕事が出来ないか?と。

 

そして・・・

 

1700年代後半から1800年代前半にかけて農業革命が起こったのです。

 

農業革命については技術面、生産様式、土地所有形態、

資本家、農業労働者という階級の成立など、

捉え方により、

解釈がマチマチになりますので、こちらでは割愛します。

 

第二次産業革命

農業から今度は

1800年代後半から電力を用いた工場での生産が可能になりました。

そして1950年頃から三種の神器と言われる、

白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫が登場しました。

 

その後、高度成長期となった1960年半ばには、

3Cと呼ばれるカラーテレビ、クーラー、カー(車)が、

これに加わり人々の暮らしは徐々に楽になっていきます。

問題はここです!

暮らしが楽になるにつれ、

なくなっていくものが増えました。

それは「心」です。

昔は「向こう三軒両隣」という言葉がありましたが、

今では死語となっています。

 

 

第三次情報革命

1900年代後半からコンピューターの導入で、

文明は加速し、機械の自動化が出来るようになりました。

物作りがオートメション化すると、

出来すぎて、物は溢れかえリます。

だから物作りから今度は情報革命が起こります。

2008年にソフトバンクからiPhoneが発売され、

その一年後にアンドロイドもデビューしています。

俗に言う「スマホ」です。

ポケットの中に世界の情報が入っているという事です。

毎日の情報収集が日課になっている人も、

多いのではないでしょうか?

ここにビジネスチャンスが潜んでいる訳です。

当然まともなビジネスですが、、

中にはグレーゾーンを利用した、

詐欺まがいも横行していると思います。

 

 

第四次IT革命

2000年前半から現在にかけては

コンピューターが導入されて、

文明はドンドンスピードアップして進化を遂げています。

兆から京へ!

兆の1万倍の速さです。

そうなると次はどんな時代が訪れるのか?

想像がつきますか!?

iPhoneもなくなってウェアラブルの時代になります。

 

 

AIが人間の指示を待たずして自分で動き出します。

人間がAIの奴隷になるかも知れません。

そんな事あり得ないと信じて疑わない人も大勢います。

私もそうです(期待をこめて)

しかし、流れから見ても想像はつきます。

一昔前にiPhoneが日本に上陸した時も怪しいと思いましたよね。

でも今はみんな使っています(笑)

 

まとめ

見てみると100年周期が50年間隔になっていますネ。

コンピューターの導入で今までのようなスピードではないのです。

時代の変遷期!

過渡期に突入しています。

今までのようにのんびり構えていては手遅れになります。

今後2020年の第二回東京オリンピックが終わってからの日本がどうなっているか?

そうです!

現在既に格差大国第5位になっている日本は、

更に2極の差が激しくなって自殺者も増加の一途を辿るでしょう!

では、そんな時どうすりゃいいの?

 

 

私はとんでもない人を見つけました。

本来なら私達が知る由もないし、近づけない人です。

そういう意味でもインターネットというのは有り難いですね。

いい時代になったと思います。

そのせいで奴隷になるのは真っ平ごめんですがね(笑)

それをいい方に活用して自分の理想のパラレルワールドの

扉を開けたいと思います。

 

そして子供や孫、後々の子孫からよくぞ考えて行動してくれた!

そう言われる為に。

 

その為には是非この人の力が必要です。

IQ148で京大のMBAを取得してMENSA会員でもある加藤将太さんです。

 

加藤さんはこんな人⇓⇓⇓⇓⇓インタビュー動画があります。

 

 

彼の夢は教育産業です。

私も生き残りをかけて、

加藤将太さんから学びたいと思います。

共感される人は先ずは無料の動画がありますので、

どうぞご覧下さい⇓⇓⇓⇓⇓⇓

https://bit.ly/2X8afEa

 

内容はビックリする程濃い〜ものになっていますよ!

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください