神様からの贈り物 〜大和〜♬


人気ブログランキングへ
大和入浴7S__75604012

平成26年9月15日敬老の日に初孫が誕生しました。

娘は二人いますが、長女は結婚をしていますが、まだ子供がいません。

次女はまだ17歳で結婚もしていないのに赤ちゃんを産みました。

何という神様のイタズラ(笑)

いえ、ご配慮です。

姉には愛する旦那さんがいます。

次女は高齢の私と二人っきりで、いつも私から煩く、煩く毎日言われています。

何を?

長女は23歳で産んでいますが、次女は43歳で産んでいるので、20歳も離れています。

私は、次女と暮らす時間が、お姉ちゃんよりも少ないので、その分、蜜に子育てをしなければと思いました。

次女が20歳になるまでは、親の責任。

人間として人様にご迷惑をかけないで、人様のお役に立てるような人間に育てなければ・・・そう思いました。

でも、お姉ちゃんの時のように、のんびりと子育てをしている訳にいかないのです。

何故なら、C型肝炎なので20歳になるまで生きているか解らないし、高血圧や他の病気もあるので、

早く子育てをしないといけないと思い込んでいましたから。

だから毎日家で教育をしていました。

教育といっても、学問ではありません。

人としての教育です。

子育てはそんなものではないのに、私が病気で倒れてしまう前に・・・ボケてしまわない前に・・・

そんな気持ちが私の心を支配していました。

今もまだ、其の気持は変わりません。

だから次女にとっては、毎日苦痛だったと思います。

然し、そんな事はなく、上手く生きる術を身につけていました。

私の言うことを、全部受け止めていたのでは、理解力もないのに、気が狂ってしまうでしょう。

そうです!聞き流していたのです。

それでも、私の小言は留まるところを知りません。

人間は二人では生きていきにくいです。

みんながそうではありませんが、2本の木では不安定でも、3本の木があれば、安定します。
人気ブログランキングへ

お母さんが怒っている時は、お父さんが宥めるとかして、息を抜くところ、逃げる場所があれば生き易いでしょう。

そんな、息をするのに、しんどい関係を見て、

大和(孫の名前)が、美和(次女の名前)のところを選んで来てくれたのだと思います。

美和は、毎日私の小言を聞き流してはいましたが、大事なところはしっかり押さえてくれていました。

命に対する考え方です。

これは色々な考え方がああるので、他の考えを否定するものではありません。

あくまで私の考えを継承してくれて、堕胎ということをしませんでした。

美和、有難う!

まだ私に甘えたい年齢なのに、大和を産んでくれて、大役を果たしてくれました。

私の子育て感は変わりませんが、私の小言は美和に言わなくなりました。

だって大和の子守で美和の教育をする間がないのです。(笑)

それに、長女夫婦がよく家に来るようになりました。

大和を見に来るのです。

二人っきりだった家の中がコロッと変わり、笑い声が絶えず、賑やかしくなりました。

それが大和のミッションだと思います。成功ですネ♬

美和のお姉ちゃんにお風呂へ入れて貰って、そんな事を考えて、ニヤリと思っているのかどうか解りませんが、

とっても気持ち良さそうに、洗って貰っています。

あぁ極楽、極楽♬

子供は宝!

色々教えてくれます。

そんな事より、何より、兎に角可愛いです♬  〜感謝〜 BY将軍 

     〜みんなが幸せならそれでいい〜   
               
人気ブログランキングへ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください